Jazz&CafeBar Sophiaの談話室

JAZZ & CAFEBAR SOPHIAの時間

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月12日(水曜日)
大雨・雨・雨・・よく降ります。それに、夜は寒いです。
なのに、時折、大雨が降る中、深夜、またしても、居酒屋のカウンターでバクバク暴食をし、顔を見合わせて「食べたね~」なんて、大笑いしている私は幸せって言えば幸せなんですかね(笑)

日が経つのは早いです。6月に南米ペルー・アルゼンチンに旅行しました。日ごろの、瞬き1回が1週間のような生活とはまるっきり、違います。1日が好奇心と感動と充実の日々でした。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスまでは乗り継ぎを入れて、28時間かかりました。
う~ん、やはり遠いです。が、行った甲斐は十二分に在りました。

イグアスの滝の大きさ・雄大さ・水量・迫力・それは、語りつくせないほど、素晴らしいものでした。本当に驚きと感動を体感しました。
間近ですから、そのしぶきで、びしょぬれでしたけど。(笑)

そんな訳で写真を撮るのも大変!後で見たら、びしょ濡れの顔だけが映っていて「これでは、どこだか分からなぁ~い」(大爆笑)

ペルーのマチュピチにも行きました。
インカ文明の凄さにも感銘しました。
標高3400Mにあるクスコの町に1泊した時は初めて、酸欠状態を味わって驚き、夜、息が苦しくて腹式呼吸をしてみたり、立って居てもふわふわと体が落ち着かないのには、不安を感じたくらいです(笑)

イカと云う町でナスカの地上絵を上空から見ました。
本当に感動です。見渡す限りの砂漠の山々、しかもとても高い山の上に
はっきりと見えるんですから感動です。

副操縦士の「そこ・そこ・そこ・そこ・翼の下」彼の日本語はこれだけです(爆笑)何回も「そこ・そこ・そこ・そこ・翼の下」私たちは「どこ・どこ・どこ」と機内は大騒ぎ。
翼の下に地上絵が見えると云う事です(笑)

地上絵には、パンアメリカンハイウエイを挟んで、クジラ・宇宙飛行士・イヌ・手・木・サル・コンドル・クモ・サカナ・サメ・トリ・ペリカン・ハチドリ・トカゲ・イグアナ・フラミンゴ・サメが描かれています。壮大です。本当にどうしたら、これを描けるの???感動しまくりでした。

イカの砂漠地帯でサンドバギーでジェットコースターのように走り回った事、壮大な砂漠でのサンセットも最高の思い出です。

世界には数え切れないほどの素晴らしい場所がありますね。
「また、行きたい。」机の横の地球儀はアフリカが見えています。

9月8日のsaturday night Live in Sophiaはお久しぶりにテナーサックスの山口裕之さんが来て、いつものベースの古谷彰彦さん・ギターの室賀さんと大変良いLIVEが出来ました。
まぁ~いろいろハプニングがありましたが、拍手喝采でした。

9月15日のsaturday night Live in Sophiaはまたまた、お久しぶりのアルトサックスの平山順子さんとピアノの西村裕之さん・ベースの高原明彦さんが素晴らしい演奏で楽しませて頂きました。

ノリノリのお客さんがさらに盛り上げて、平山さんの演奏にエールを送り続けて拍手喝采!

出演者の方々本当にいつもありがとうございます。
お疲れ様・・。



テナーサックス・山口裕之 ギター・室賀利治 ベース・古谷彰彦  P9080721.jpg



アルトサックス・平山順子  ピアノ・ 西村裕之  ベース・高原明彦



イグアスの滝  イグアスの滝  イグアスの滝




ペルーに一つしかない鉄道・ビスタドームにてマチュピチへ  ビスタドームが走る地図  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。